グループCSR指針

事業を通じた社会貢献
伊豆半島とつながる
連携・提携・協働・協生
三方よし

ドット・ツリー・プロジェクト

商いの力で伊豆を元気に!
地域が抱える、さまざまな課題を解決に導き
「伊豆と世界をつなぐインターフェース機能」を果たします。

ドット・ツリー・プロジェクトはコトウダの遊休地を活用して2016年3月にスタートした地域創生事業です。
民間出資100%でカタチにしたこのプロジェクトは、「商いの力で地域を元気に!」を合言葉に、 ドット・ツリー・プロジェクトとつながっている多くの企業や人が連携・提携して、それぞれの経営資源のバリューアップを図りながら、 地域のさまざまな課題解決に向け、積極的に行動を起こしていくことを目指しているプロジェクトです。

セラクリーン

地域の「自然環境保全」や「水産資源」、「地域経済」への貢献。

「環境省ETVマーク取得」セラクリーンは大平洋セメントが開発した、水質及び底質の改善のための水質浄化材です。弱アルカリ性・多孔質形状が特長で、水中にミネラルを供給することで、魚介類の餌となる珪藻の増殖促進も期待できます。
底質環境から水質を改善し、水環境を整えて景観を美しく生物が住みやすい健全な環境を創ります。

ATOUN

地域の建設、農業、流通など、様々な分野で「働き方改革」を。

あうんの呼吸で動く「着るロボット」ATOUNは、建設や流通をはじめとした、さまざまな作業現場の「働き方改革」に貢献してきました。最近では、収穫物の運搬が大きな負担となる、高齢化が進む農業分野からも注目され、導入事例も増えています。地域の「若い世代の働き手がいない」「人手不足」「作業の効率化」の解決策として、パワードウェア(=着るロボット)を提案していきます。

コトウダグループ(古藤田グループ)